シロチビの考え

考え方も文章も稚拙ですが、40年近く生きてきて思うことや、すごい!と思った商品などを書き綴って行こうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すごいぞ!クソニンジン~!

ある漢方の先生が書かれていた文章を見て、初めて知った『クソニンジン』。
マラリアの特効薬と知って驚いたのですが、それだけではありませんでした。(ネーミングがもっとも驚いたことですが(笑))
検索かけてみたら、抗がん作用がすごいらしい!!

がん作用のある食べ物のひとつとして、頭に入れておいてはいかがでしょうか?




以下、「ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート」さんのサイトを引用させていただきます。

ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

http://blog.sophiawoodsinstitute.com/wp/%E3%82%88%E3%82%82%E3%81%8E%E3%81%8C%E7%99%8C%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%82%92%E6%AD%BB%E6%BB%85/
-------------------------------------

よもぎが細胞を死滅

04/28/2015 by Chise



『Life Sciences, Cancer Letters and Anticancer Drugs』に発表された研究論文によれば、東洋医学(漢方)で古来から薬としてもちいられることもある、ヨモギから抽出される、アルテミシニン(artemisinin)と呼ばれる成分が、健康的な細胞1つに対して、1万2,000個もの細胞を死滅させたと報告しています。

よもぎ

「アルテミシニンは、ただそれだけでも、健康的な細胞の約100倍もの細胞を選択的に死滅させることができるだけでなく、抗がん剤よりも34,000倍も正確に細胞だけを死滅させることができます。」とワシントン大学の研究チームのリーダーであるヘンリー・ライ博士は言います。

ヘンリー・ライ博士のチームは、アルテミシニンの死滅能力を更に高めるために、細胞がもつ鉄分への食欲を利用して、アルテミシニンに鉄分(トランスフェリン)を結びつけた化合物を開発しました。周りにくっつけたトランスフェリン自体はニュートラルな成分なので、癌細胞は疑いもなく化合物を受け取ります。でも、中にはアルテミシニンが隠れているので、この化合物は、トロイの木馬のように、癌細胞の中に入り込み、癌細胞を破滅させるように効率的に働くのです。この化合物は、既に特許を取得していますが、まだ人間への投与、つまり臨床試験には至っていません。

でも、ヨモギそのものは、非常に鉄分の多い野菜・ハーブです。野菜では2番目の多さです。 『鉄分の多い食品』 ヨモギから、わざわざアルテミシニンを抽出して、鉄分を戻すようなことをしなくても、ヨモギそのものを結局食べたらいいんじゃないの?とホールフード(丸のままの食品)を食べることを勧めるホリスティック(代替医療)ヘルスコーチとしては、思わずにはいられません。食品はちゃんとそれ自体で理に適った形で存在しているんです。

ひとつひとつ、ミクロ要素に分解して考える西洋医学と、全ての要素の融合体のシナジーで考える東洋医学・代替医療の違いなんでしょうね。

古代の人々が、アルテミシニンやトランスフェリンについて知っていたとは思いませんが、昔から薬として用いてきた草ですから、生活の中で、ヨモギに健康維持の力、傷ついた遺伝子や遺伝子複製の誤り(=癌)を正す効果があることに、気がついていたってことですよね。

ヨモギの旬は4月下旬から5月上旬です。

かしわもち

是非、この時期、ヨモギ餅やヨモギを使ったお粥など、召し上がってみてくださいね。
旬のものは、旬の時期に食べてこそ、その効果が最大限に発揮されるのですから、きっと、ヨモギがこの時期に旬を迎えることには、私達への健康にとって大きな意味があるはずです。
追記(2015/5/6):

ヨモギをそのまま食べても、癌細胞はヨモギの鉄分のみを吸収し、アルテミシニンを吸収しないのではないかとのお問い合わせを受けました。そのため、少し調べてみました。

アルテミシニンは、その分子中にエンドペルオキシド・ブリッジ(endoperoxide bridge)と呼ばれるものを持っており、それが選択的に鉄イオンと結合し、フリーラジカル(殺細胞作用)を発生させる仕組みをもっているとのことでした。つまり、ヨモギの中には、アルテミシニンと鉄が存在していますので、この二つは、アルテミシニンのエンドペルオキシド・ブリッジによって、既に結合して存在していると考えるのが普通だと思われます。

また、上で紹介した抗がん剤よりも前に開発されたアルテミシニンを使った抗がん剤においては、アルテミシニン製剤の投与(注射)4時間前に、患者に鉄分や鉄の吸収を促進させるビタミンCを(経口)服用させることで、アルテミシニンと鉄分の体内での結合を促させ、癌細胞にその両方を取り込ませるという手法がとられています。アルテミシニンと鉄分を別々に摂取しても、ある一定の抗がん作用があるのですから、既に、アルテミシニンと鉄分が結合して存在しているヨモギを食べる方が、やはり、簡単ではないかと思われます。

もちろん、ヨモギを食べたら癌が必ず治るとは申しません。でも、勇気がもてる情報ではないでしょうか。



続編:『ヨモギいろいろ – 抗がん成分アルテミシニン含有量比較』
追記(2015/10/6):

アルテミシニンという成分を世界で初めてヨモギから見つけ、抗マラリア薬として開発した中国人研究者が2015年のノーベル医学生理学賞を受賞されました!
-------------------------------------


http://blog.sophiawoodsinstitute.com/wp/%E3%83%A8%E3%83%A2%E3%82%AE%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%84%E3%82%8D-%E6%8A%97%E3%81%8C%E3%82%93%E6%88%90%E5%88%86%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%83%B3%E5%90%AB%E6%9C%89/
-------------------------------------

ヨモギいろいろ – 抗がん成分アルテミシニン含有量比較

09/23/2015 by Chise



2015年4月28日に『よもぎが癌細胞を死滅』として、ワシントン大学等によるヨモギの成分であるアルテミシニンを使った研究をご紹介しましたが、今回、フェイスブック経由で、Itoh Hiroki様より、とても貴重な情報提供がありましたので、ご紹介したいと思います。

ヨモギには多くの種類があり、ワシントン大学等が使用したヨモギは、日本で一般的なヨモギとは異なる種だということでした。クソニンジン

そこで、少し調べてみたのですが、ヨモギの学術上の分類は、分類学上

と、なるのですが、確かに、ヨモギ属(アルテミシア属)に含まれるヨモギはたくさんありました。日本に生息しているものだけでもこんなにありました。ヨモギ属表

日本に一番多く生息しているのは、表の一番上のヨモギ(アルテミシア・インディカ)なのですが、ワシントン大学が使用したヨモギは、オウカコウ(黄花蒿)と呼ばれ、この表中では、クソニンジン(糞人参、アルテミシア・アニュア・L)と、何とも不名誉な名前が付けられているヨモギです。このヨモギは、漢方にも用いられるヨモギで、生薬になると青蒿(せいこう)という名称となります。

でも重要なのは、ヨモギの種類ではなく、癌細胞を死滅させるアルテミシニンと呼ばれるヨモギ属に共通の成分ですから、この成分が入っていれば、どのヨモギでも構わないように思います。

例えば、ビタミンCは、イチゴなら「あまおう」から摂っても「べにほっぺ」からと摂ってもビタミンCです。更に、メロンから摂っても、サツマイモから摂っても、ブロッコリーから摂ってもビタミンCです。お野菜や果物の種類によって、ビタミンCの含有量は異なりますが、ビタミンCという成分は共通です。

そこで、ヨモギの種類の違いによるアルテミシニンの含有量の違いを調べた研究についても、情報の提供がありました。
グラフ1

ヨモギ属のアルテミシニン含有量比較

表中英文のLSDというのは最小有意差法と呼ばれる統計手法のことですからご心配なくね(笑)。

これは、マレーシアの研究者がパキスタンで行った研究ですが、研究の目的として「オウカコウ以外のヨモギ属において、医薬品に加工する上で、十分なアルテミシニンの抽出が期待できるものを探すこと」が挙げられています。

オウカコウ(クソヨモギ)は漢方にも用いられるくらいですから、上のグラフ中、Aランクがつけられているくらい薬効成分のアルテミシニンが大量に含まれていることが分かります。日本の一般的なヨモギはF~Gランクですね。

でも、これはあくまでも効率的にアルテミシニンを工業的に抽出するためのランキングです。

ワシントン大学のライ教授は、アルテミシニンの薬効は非常に強いので、動物実験では2mMolで約50%の白血病細胞を死滅させており、米国で市販されているアルテミシニンの1錠分(100mg=0.1g)以上あるものを摂取すれば、薬効が期待できると述べてい(22:58)ます。

上の表に照らすと、100gの日本の一般的な乾燥ヨモギには、約0.05gのアルテミシニンが含まれていることになるので、乾燥ヨモギを毎日200g以上づつ食べることが求められます。(調理中に失われる量など考慮して200gよりも少し多めだと安心かもしれません)

オウカコウ(クソニンジン)だったら40gで済むところ、日本の一般的なヨモギだと200g食べなければならないわけです。毎日、200gのヨモギを食べるのは簡単ではないように思います。おひたし等にしてしまえばそれほどの量にはなりませんが、毎日となるとそれなりの努力が必要ですね。乾燥粉末などをスムージーに混ぜる等、様々なところに工夫して使う必要がありますね。あるいは、漢方薬局で青蒿(せいこう)を処方していただく方が楽かもしれません。

とはいえ、この量は、既に癌を発症している人に対して薬効が期待できる量です。

まだ癌を発症していない人の癌予防には、これほどの量を毎日摂る必要はありません。

日常的に私達が健康維持のために食事の中に無理なく執りいれるには、日本のヨモギで十分ではないかと感じます。それに、むやみに大量に摂取することによる副作用も心配ですから、予防のためには、多ければ多い方が良いと考えるのは拙速です。(薬草や漢方薬に副作用がないと考えるのは誤りです。)

更に、この研究者は、花、葉、茎、根、それぞれの部位別の含有量も調べています。
グラフ2

ヨモギ属の部位別アルテミシニン含有量比較

結論としては、どのヨモギ属においても、アルテミシニンは花に一番多く、次に葉。茎と根にはほとんど無かったと述べています。

日本のヨモギを見てみると、乾燥した花100g中には約0.1g、乾燥した葉100g中には約0.05gとグラフ上見えますから、花は葉の2倍の量のアルテミシニンを含んでいることになりますね。つまり、1日100gの花を食べれば、日本のヨモギでもアルテミシニン0.1gが達成できるわけですね。

10-3yomogi3

面白いですね。日本ではヨモギの花を食べる習慣がありませんが、花ごと食べる方がいいのですね。お店では葉の部分しか購入できないので、もしご自宅で栽培されている方は、是非、お花も天ぷらなどにして召し上がってみてくださいね。

今回、とても貴重な情報提供をいただきました。感謝しています。



ただ、私はホリスティック・ヘルスコーチですから、人間はホリスティクな存在だと認識しています。そのため、皆さんに気を付けていただきたいことがあります。

症状を解消することを目的としている西洋医学は、同じ症状には同じ治療を施します。その症状が起きた原因の多様性や個別性が考慮されることはあまりありません。でも、ホリスティックなアプローチは、症状の原因にも着目します。人によって、その病気になった原因もそれぞれですから、同じ病気・症状であっても、解決策が同じとは限らないですよね。そのため、病気と原因は、1対1の関係にはないと考えます。ですから解決策も1対1の関係にはないんです。

例えば、頭痛。頭痛という症状に対して、西洋医学は、その頭痛がなぜ起こっているかは取り敢えず無視して、頭痛薬を処方します。ホリスティックヘルスは、頭痛がなぜ起こったのかに着目します。そしてその原因ごとに、どのような食事やライフスタイルの改善が適切かを考えます。

ですから、これだけしていれば、これだけ食べていれば、治るとか病気にならないというようなものは、存在しないと考えます。個々人のバイオ個性を見ることが大切であると同時に、バイオ個性を形成する全体を見ることが大切です。バイオ個性が異なれば、ある人にとっての薬も、ある人にとっては毒になることもあると考えます。

様々な方法の中から、ご自分に合う方法の組み合わせを見つけていただければ、そして、こうした情報がそれを見つけるキッカケになれば、嬉しい限りです。



公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?
-------------------------------------
スポンサーサイト
  1. 2016/12/10(土) 23:23:04|
  2. 雑記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。