シロチビの考え

考え方も文章も稚拙ですが、40年近く生きてきて思うことや、すごい!と思った商品などを書き綴って行こうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現在のうちの娘(脳室周囲白質軟化症(PVL))の状況です。(3歳3ヶ月)

現在のうちの娘(脳室周囲白質軟化症(PVL))の状況です。(3歳3ヶ月)


今現在、3歳3ヶ月です。
痙攣重積発作があったので書きませんでしたが、実は3歳になる直前くらいから、急に言葉が増えてきたのです。
「いす」「みかん」「ばなな」「ごはん」「ただいまー」などなど。
大学病院の先生には「言葉は出るかなぁ・・・?」と言われていただけに、家族みんなで大騒ぎで。すごい!すごい!と。
まだ一語だけですが、出始まって3ヶ月でどんどん言える言葉が増えてきたので、そのうち二語、三語と増えていくと期待しています。


娘に対してやったことは(効果があったのではないかと思ったことで)、

-------------------------------------
・爪もみ(脳への血流)
・お風呂(脳への血流)
・脊髄マッサージ(脳への血流)
・銅板の上に乗って、静電気を放電(脳の興奮を抑える)
・豆腐(脳への栄養)
・えごま油(脳への栄養)
・アンパンマン にほんご えいご ことばを育む おしゃべりいっぱい!NEWことばずかんDX〔セガトイズ〕
・超高速楽習カード(フラッシュカード)
-------------------------------------
です。

※最近、ブレスライトはほとんど使っていません。
というのは、ブレスライトを上手く使わないと熱がこもり、当てている部分が熱を帯びてしまう・・・ということがあります。放熱している部分をふさいでしまったりするとそうなったりします。※赤外線は含まれていないので、使い方が正しければ問題ないのです。
使っていない理由のひとつは、妻への説明不足と、保育所に行くようになってから何度も熱を出す風邪を引くようになったことです。妻から言えば、「熱が出てるのに頭にブレスライトで熱を足すっておかしくない??」ということでしょう。
熱が治まり、健康な状態の時に当てたいのですが、ちょくちょく風邪を引くので、タイミングが難しい・・・というのが原因です。
妻への正しい説明も必要ですね。(苦笑)


さて、毎日やってることとして、爪もみ、お風呂、脊髄マッサージ、銅板での放電などありますが、これらは脳への血流に関係していることですね。
毎日やっていて、劇的に変化した!ってことが無いので、これはホントに地道な作業ですが、しばらくして結果的に「やっていて良かった!!」という事でしょう。

新しいものとして、『アンパンマン にほんご えいご ことばを育む おしゃべりいっぱい!NEWことばずかんDX〔セガトイズ〕』と『超高速楽習カード(フラッシュカード)』を追加しました。

『アンパンマン にほんご えいご ことばを育む おしゃべりいっぱい!NEWことばずかんDX〔セガトイズ〕』
https://www.segatoys.co.jp/anpan/product/learn/   ←セガトイズさんのページです。
http://item.rakuten.co.jp/marusoutoy/4979750792458/ ←自分が買った所です。

これは、妻の友人から勧められたもので、このおもちゃを使うようになってから、言葉がどんどん出てくるようになったというのです。
ペンで絵を押すと、ペンからアンパンマンの声で言葉が出てきます。
ページによっては言葉だけじゃなく、動物の鳴き声や効果音、音楽が流れてきたりします。各ページにクイズもあり、かなり手の込んだつくりになっています。



『超高速楽習カード(フラッシュカード)』は鈴木昭平先生の、エジソン・アインシュタインスクール協会から購入しました。
http://gado.or.jp/

これはとても興味を持ってくれて良かったのですが、うちの娘の場合、中身よりもカードを集めることに興味を持ってしまい、フラッシュカードを見てくれないのです。そのカードをよこせと言って。(汗)
何度もやってみましたが、なかなか見てくれなかったので、別の方法を考えました。
※カード自体はものすごくいいのです。(興味を持つ時点で、すでにいいものですよね。)うちの娘の問題です。
その方法は、そのフラッシュカードをデータ化することです。
データ化して、パソコンで見せるのです。
パソコンの中なら集めることができないので、じっくり見るだろうと思いました。
実際見せてみると、思ったとおり、じっと見ています。
これだと、フラッシュカードを手早くめくる技術も要らないのでいいです。(結構、手早くめくるのは難しいです。慣れなんでしょうが。(^^ゞ)

ただ、データ化の難点は、とても時間がかかることです。
データ化しようと思ってから、3ヶ月経ちますが、1600枚ほどあるうちの600枚しか出来ていません。自分の仕事の空いた時間に、娘が風邪を引いていない時に、自分が疲れていない時に・・・・などというと、急いでもこんなペースなのかもしれません。(^^ゞ

このカードは本当に面白いようで、100枚なんか一気に見てしまいます。
なんか説明では20~30枚くらいとか書いてあった気がしますが、うちの娘は100枚以上です。疲れないのかなと思うんですが、「はい、終わり~」と言うと、もっと見たがるのです。面白く感じている証拠でしょう。

超高速楽習カードはこちらに載っています。
http://gado.or.jp/products/


言葉が出るかどうか・・・・と大学病院の先生が言われてましたが、実際出ました!
その言葉もどんどん増える勢いです!
同じ悩みをお持ちのお母さん、やってみる価値はありそうです!(^o^)丿






スポンサーサイト
  1. 2016/07/18(月) 10:36:02|
  2. 雑記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。