シロチビの考え

考え方も文章も稚拙ですが、40年近く生きてきて思うことや、すごい!と思った商品などを書き綴って行こうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あれから痙攣は起きていません。

あれから一番気をつけていることは「娘の疲労度合い」です。
疲れすぎないように、睡眠時間や栄養面でカバーするようにしています。
それと、毎日続けているのが『爪もみ』と『銅板に乗っての放電』です。

爪もみと銅板の放電は、痙攣の時の状態(「脳に静電気が溜まっている=交感神経過剰(興奮状態)=血流が悪い」)を解消してくれます。←調べてみて思ったことですが、ほぼ間違ってない気がします。
爪もみは1日に数回やってますが、爪もみをやってると嫌がって手を離そうとするのですが、テレビに集中させたり、「痙攣が起きないようにするためだからね」と言ってやると、意外と素直にしてくれます。
銅板の放電も、朝起きたら、「はい放電~。」保育所から帰ってきたら、「はい放電~。」寝る前にも、「はい放電~。」と1日に何回かやってます。

そのせいか、この間、ちょっと娘にはハードなスケジュールの日があったのですが、何も起きずにすみました。^^





やっぱりですね、いいと言われてることは続けてみないと、いい効果は現れないということが分かりました。
当たり前といっちゃ当たり前なのですが、劇的な効果を期待してしまいがちですが、そんなのは危険を伴うものが多いわけで、緩やかながら、着実に積み上げてく作業が、毎日の健康に繋がるんだと思います。
健康に関わらず、すべてに言えることですね。(^^ゞ





スポンサーサイト
  1. 2016/06/19(日) 22:36:23|
  2. 雑記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。