シロチビの考え

考え方も文章も稚拙ですが、40年近く生きてきて思うことや、すごい!と思った商品などを書き綴って行こうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

低線量放射線グッズを使っています。

福島原発事故から4年以上経過しました。
事故から1年くらいは放射線の影響が怖くて仕方なかったのですが、リチャード・コシミズさんのブログや講演動画を見ていくうちに、不安が消えていきました。(放射線の恐怖を煽る工作員がたくさんいるみたいですね!)

放射線は程度によって、病気にもなりますし、健康にもなるということを知りました。
その程度がどのくらいかが重要なのですが、自分は研究者ではありませんので、詳しい範囲は分かりません。ただ、今の「年間1ミリシーベルト」という値はあまりに低すぎて、病気にならないのはもちろんですが、健康にも寄与しないくらい低すぎる値だということは知っています。
もっと高い値じゃないと、健康に寄与しない。
調べれば調べるほど、放射線は健康にいいと自分自身で思ったので、実際に使ってみることにしました。

2種類試してみました。どちらも六城ラヂウムの製品です。

まずは、『源憘珠ステンレスチューブ』。
http://www.rokujo-radium.com/html/stenless-cheeebe.html

これを日中も寝るときも常にポケットに入れて使いました。
自分は冷たいビールが好きなせいか、体温が常に35度台でした。(ひどい時には34度台も)それが使い始めて1週間くらいで36度台近くまで上がって行き、1ヶ月を過ぎる頃には36度台半ばまで上がりました。
今は使い始めて11ヶ月になりますが、ほぼ36.5度をキープしています。
※体温は重要です。低いと免疫機能が落ちるので、いろいろ病気にかかりやすくなります。
この源憘珠ステンレスチューブの線量はいくらぐらいか分かりません。(ガイガーカウンターを持ってませんので(^^ゞ)


これで味を占めた自分は『氣傳効(きでんかい)』を試してみたくなりました。
http://www.rokujo-radium.com/html/kidenkai.html

これは敷布団のシーツの下に敷いて使います。その上に寝るだけ。
これはですね、『とても気持ちいい!』のです!
源憘珠ステンレスチューブでは感じなかったので、どうしてなのか、よく分かりません。
足りない頭で考えてみて思ったことは、「寝るということで、氣傳効(きでんかい)が出す放射線に、脳が近づいている為?」
放射線のことを調べてみると、このようなことが言われているのです。

「低線量の放射線を浴びるとβ-エンドルフィンの分泌が増える」と。(他にも分泌が増える神経伝達物質はいろいろあるようです)

あれ、β-エンドルフィンって、ランナーズハイの時に出るやつじゃなかったっけ?
気持ちよくなる神経伝達物質の。
そう思って、β-エンドルフィンを調べてみました。

http://www.toutsuian.com/?p=90
-------------------------------------

エンドルフィンという脳の中で作られる麻薬に似た物質の中で、特に作用の強いベータエンドルフィンは、モルヒネの6倍の強さを持ち、脳内麻薬(脳内モルヒネ)と呼ばれています。これは、好きな音楽を聞いたり、親しい人と会話を楽しんでいるとき、好きな人と一緒にいるときなどに分泌されるため、ハピネスホルモンとも呼ばれます。このような快感を覚える脳内ホルモンには、エンドルフィンのほかにも、セロトニン、エンケファリンなどが20種類も見つかっています。このようなホルモンが分泌されると、気分が高揚しストレスを解消するため、免疫力が高まって病気にかかりにくくなります。とくにベータエンドルフィンは、免疫機能をつかさどるT細胞やB細胞、さらにガン細胞を殺すNK細胞などの免疫細胞を増殖したり活性化する働きがあり、ひいては老化を防ぐことになるという、健康には欠かせない物質なのです。

脳内には、このような身体や精神にとても良い物質以外に、人間が危険を回避したり、闘争が必要なとき、または、覚醒しないといけない時などに放出される物質もあります。イライラや怒りなど精神的にストレスが加わると、エンドルフィンの分泌は抑えられ、かわりに脳からノルアドレナリンという物質が分泌されます。さらに恐怖を感じる時には、アドレナリンが分泌されます。これらは毒性の強い物質で、これが出やすい人は、老化しやすく、免疫力が低下して病気にかかりやすくなってしまいます。その上、同時にエンドルフィンの効果も少なくなるので、踏んだり蹴ったりです。ストレスが身体や精神に悪影響を及ぼすと言われているメカニズムは、このようにはっきりしているものなのです。

-------------------------------------

モルヒネの6倍もの強さがある神経伝達物質なんですね!
多幸感を得られる上に、病気になりにくくなる・・・・なんて素晴らしい物質!
氣傳効(きでんかい)で寝ている時は、本当に気持ちがいいので、β-エンドルフィンは出ているんだと思います。どのような仕組みで出ているのかは詳しくは分かりませんが。

とにかく気持ちいいんですよ~!
お勧めです!!

ちなみに氣傳効(きでんかい)は1枚で『12μSv/h』あるようです。
自分の住んでいる亘理町は、0.05μSv/hですので、計算すると240倍です。

普通の人の睡眠時間は大体8時間くらいでしょうか?
8時間とすると年間の積算線量は
12μSv/h×8(時間)×365(日)で、35040μSv。
怖いと思っている方からは「気が狂っている!」と思われる数値ですね。(笑)



放射線に対する不安が消えるきっかけとなった、リチャード・コシミズさんのブログ

richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/


放射線のグッズを買った所の六城さんのショップ

六城ラヂウム
http://www.rokujo-radium.com/index.html



スポンサーサイト
  1. 2015/12/30(水) 08:46:00|
  2. 雑記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。