シロチビの考え

考え方も文章も稚拙ですが、40年近く生きてきて思うことや、すごい!と思った商品などを書き綴って行こうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脳室周囲白室軟化症(PVL)にはブレスライトが効く!?

娘は700グラム未満で生まれました。
妻が感染症を起こし、未熟児で生まれたためです。
感染症による敗血症、動脈管開存症、右脳室内出血、その他諸々病状があったようです。
先生方が懸命に処置してくださったおかげで、なんとか一命を取りとめまして、その後はずっとNICUに入っていました。
その約4ヶ月後退院出来たのですが、退院時、先生方から「障害が出る可能性があります。」と言われました。
MRI画像では、水がたくさん溜まっていたようで、脳の部分はそんなにありません。
普通のよく見る脳の断面図とはかけ離れた形をしていました。
病名は、脳室周囲白質軟化症(PVL)ということでした。



さて、ここからどうするか?自分は、こんな病状でも何か手はあるはずだ!と思っていました。そこから検索をかけまくりました。
毎日検索をかけ、少しでもいい情報がないかと必死になってかけました。そうしたら、どこのサイトだったか忘れてしまいましたが、ある鍼灸院で、PVL患者の症状を改善されているところの先生の言葉で『ポイントは脳への血流』だということが書かれていました。
脳への血流!脳への血流が良くなれば少しでも良くなるかもしれない!と、このサイトを見た時目の前がぱーっと明るく感じられました。(血流を上げるには、運動、入浴、食事などあると思いますが、鍼もあるんだと。どうしても効果が無かったら、鍼もやってみようと思いました。)

そんな検索をしてた頃、そういえばと思い返したのが、リチャード・コシミズさんのブログで紹介されていたブレスライト。
酵素を活性化させたり、血行を良くしたり、かなり良さそうな商品だったと記憶してました。
検索してみると・・・

http://rkblog.html.xdomain.jp/201203/article_103.html
-------------------------------------
660nMという波長の可視光線の主たる効果は「酵素・抗酸化物質と繊維芽細胞」の活性化。前者は活性酸素を除去し、後者はコラーゲンとヒアルロン酸を体内で生成します。また、可視光線は自律神経を刺激し血行を促します。

「酵素の活性化」というのは低線量放射線にも言えることですね。自律神経の刺激で「血行」が促進されれば、体温も上がる。毛細血管が開いて全身の臓器が動き出す。
-------------------------------------

『可視光線は自律神経を刺激し血行を促します。』

『自律神経の刺激で「血行」が促進されれば、体温も上がる。毛細血管が開いて全身の臓器が動き出す。』


ん~、やっぱり良さそうだ!良さそうなのはやってみよう!
そう思って、エクボさんのサイトから即購入。
届いてから、ほぼ毎日、使い続けました。
寝ている間、頭部に出来るだけ近づけて(10センチくらいでしょうか?)使いました。
毎日3時間くらいは当てていたと思います。











毎日接している自分たちは、娘の変化も多少は感じるものの、劇的な変化がない限り気付かないものですね。
約8ヵ月後、大学病院のリハビリに行った際、リハビリの先生が言った言葉は、


「普通の1歳児にしか見えないね。」

「あの時はかなり軽めに言ったんだよ。」(「障害が出る可能性があります。」と言われた時。)

「寝たきりになるかと思ってたよ。」



でした。

今の状況はというと、たくさん笑いますし、たくさん泣きます。たくさん食べ、たくさん動きます。
左半身に麻痺はありますが、捕まり立ちもしますし、伝い歩きもします。
これが当たり前だと思ってましたが、先生方は寝たきりになると思ってたのですね。


その思いの違いがわかった時、ブレスライトのすごさが分かりました。

寝たきりの状態のはずである子を、毎日数時間当てるだけで普通の1歳児にまで回復するんですか~!
どれだけすごいんですかーーっ!
その間の、脳の成長はどれだけのものだったのでしょう!?

親として、娘の急激な成長は、本当に身震いするくらいの感激でした。



その後、エクボさんの会員ページを見たら、このようなことが書いてありました。

脳梗塞の患者さんへブレスライトを照射したことでの作用には実例があります。
呼吸が楽になったり、会話が出来るようになったりと、その作用は顕著なものでした。

まさに、ピンポイントな実例ですね!



こんな方法もあるんです。
お子さんが脳室周囲白質軟化症(PVL)と言われて、ショックを受けられている方も、もしかしたらこの方法で改善するかもしれません。
試す価値は十分あると思います!



エクボさんのHP

未来の光を創る エクボ株式会社


娘に使った商品『ブレスライト桜』のページ

ブレスライト桜(660nm 深紅光) - エクボ株式会社
※現在はブレスライト桜は製造されておらず、代わりにもっと進化したブレスライトヤングルという商品が販売されています。


ブレスライトを紹介されていたリチャード・コシミズさんのブログ

richardkoshimizu official website
※2016年9月にこちらに移転されました。

旧RKブログ保存版
※ブレスライトについても書かれている過去記事がたくさんあるブログです。


※エクボさん、会員ページなのに掲載してすみません。脳室周囲白質軟化症(PVL)の子を持つご両親にとって希望に繋がる話だと思いました。
もし不都合がありましたら、すぐに削除いたします。





スポンサーサイト
  1. 2014/11/27(木) 21:55:16|
  2. 雑記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。