シロチビの考え

考え方も文章も稚拙ですが、40年近く生きてきて思うことや、すごい!と思った商品などを書き綴って行こうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放射能で汚染された土地でも大丈夫

すごいですね、微生物!
比嘉照夫教授のEMで、今回の津波での塩害、ヘドロ汚染、油の害も元に戻せるようです!


http://dndi.jp/19-higa/higa_41.php
-------------------------------------
 ごみや障害物を除去しても、塩分やヘドロで覆われた、水田や農地の汚染除去や復元は、従来の技術では、かなり長期の時間が必要である。塩分が長期に滞留した水田は、場合によったら、土の入れ替えを要するとの意見もあるが、EMを活用すると、ヘドロも地力化し、塩分も肥料的効果として活用することが可能である。

 地盤が沈下し、長期に海水に没している地域には、客土、排水、その他の手当てが必要であるが、給排水が可能な場所は、4~5月の間に、EMで処理すれば、5月下旬~6月上旬の田植えにも十分に間に合うものである。すでに、かなりの農家から問い合わせがあるが、その代表的な事例を紹介した。

 仙台市宮城野区の農家からの質問である。「津波の影響を受け、水田に海水や油や汚泥が混合された水が溜まってしまいました。排水はもちろんですが、本年度作付をしたいので、EMで汚水の入った後の水田の処理について、具体的なご指導をいただきたくお願いします。」それに対する私の返事は「DND第39回地震災害後のEMの活用」の、2.石油等を含む化学物質汚染対策と、4.家屋や土地の浄化を参考にして下さい。具体的には、10a当りEM活性液を100LにEM3号を5L混和し、同時に米ぬかを100~200kgを散布して代かきをします。1~2週間後に、油の臭いが残っておれば、更に、EM活性液を50~100L追加します。(その必要はないと思いますが) 田植後に、油の臭いが発生した場合は、再度、EM活性液を50~100L流し込みます。(パキスタンの例からすると追加処理は不要ですが、EMは多く使えば使うほど、収量も品質も良くなります。)

 この農家は、EMの活性液を大量に作る方法を心得ており、EMの米作りを長年続けているため、このような返事で十分な対策が可能である。問題は、EMを知らない農家にこれからEM技術を教え、EMを使いこなせるようにするまでには、時間的制約もあり、今期の田植えは諦めるしかないという状況である。

 今回の津波による水田の被災面積は、24,000ha、個々人でEMを使っても、しれたものである。残された方法は、唯、一つである。ダムや河川の取水口に、5000分の1~10000分の1になるようにEM活性液を投入し続け、水田の全域にEMが広がるようにすることである。5~6年前、タイ国で大洪水があり、Maemaan Lake(メーマーン)ダムという3億トンのダムがヘドロと流木で埋めつくされ、油や化学物質も大量に流れ込み、放流口も完全に塞がってしまい、悪臭が充満したことがある。

 このまま放置すると、ダムが決壊する危険があり、様々な手法を試みたがいずれもうまくいかず、とうとう、社会開発省の住宅公社が中心となり、EMの大量投与を行なったのである。投入されたEMは、活性液で200トン内外、主に放流口のヘドロの部分に注入したのである。その結果、数日で悪臭は消失し、1週間で放流口のヘドロが軟化し分解し始め、徐々に放流できるようになり、2週間程度で正常に戻ったのである。その水は、下流の被災した水田にも使用されたが、その年の稲作の成果は、かつて、経験したことがないくらいの出来栄えであったとのことである。

 このようなことも含め、タイ国の社会開発省とEM研究機構は、EMに関する技術指導協定を交わしており、タイ国におけるEMによる災害対策や、一般へのEM普及に積極的な協力を行なっている。日本の国内には、例がないと言われるとそれまでであるが、この連載の第15回と第16回で「EMで甦った日本橋川」が参考となる。

 EM活性液を週に10トン、日本橋川に投入した結果、ヘドロだらけで悪臭を発していた日本橋川が半年でハゼがつれるくらいにきれいになり、2年も続けた結果、東京湾はもとより、東京港の南に位置する、古川、目黒川、立会川、呑川も潮の上る所は、すべてきれいになり、魚貝類も大幅に増えたのである。モノレール沿線はもとより、お台場も見違えるようにきれいになっており、全域でヘドロが激減し、砂地が現れてきた。信じられない話かもしれないが、調べてみれば素人にもわかることである。EM投入の次年度から、日本橋川には、アユが群れるようになり、昨年の12月には、とうとうサケまで溯上してきたのである。

 この事業は、すべて、EMでボランティアが行なってきたものであり、本連載の「第30回EM技術による自前でできる危機管理」を参考にすると24,000haに供給する水にEMを5000~10000分の1くらい投入することは、極めて簡単なことである。すでに述べたように、EM研究機構とEM研究所の種菌供給能力は月に100~150トン、その種菌を10,000倍にすることも可能であり、本気でやれば100万~150万トンのEM活性液を投入することが出来るようになる。

 この活性液を、1000倍に薄めても15億トン、5000倍にすると75億トンとなる。1万倍にすると150億トン、この量であれば、24,000haの水田の必要水量はもとより、被災した三県の全水田への施用が可能である。EMで浄化された水田の水は、病害虫を激減させ、収量品質も高くなるばかりでなく、その排水は、河川や沼や海を浄化し、本連載、第18回~20回で述べたように豊かな海を取り戻すことが可能となる。夢物語のように思われるかも知れないが、これがEMの実力であり、現実である。希望があれば、宮崎で行なった口蹄疫対策と同様に、EM研究機構を中心にボランティアのプロジェクトチームを立ち上げる所存であり、関係者の勇気ある決断を期待するものである。
-------------------------------------

ヘドロも塩分も、EMを使うことで土壌の栄養となってしまうのですね~!
有害なものが有益なものに大変身!
EM研究機構さんとEM研究所さんの供給出来るEMの量は、今回の震災で被災した三県の水田をまかなえる量だというんですから、こりゃまたすごい!

『EMで浄化された水田の水は、病害虫を激減させ、収量品質も高くなるばかりでなく、その排水は、河川や沼や海を浄化し、本連載、第18回~20回で述べたように豊かな海を取り戻すことが可能となる。』

浄化できる上に、農作物の品質向上、その水田から流れる水によって河川や沼や海まで浄化できるようです!
どれだけ喜ばせてくれるんでしょうか!?

おっと、EMの震災に関して、津波の被害にだけ有効なのではありません。


http://dndi.jp/19-higa/higa_41.php
-------------------------------------
 今回の福島原発事故で、半減期が30年の放射性元素セシウム137が、かなり広い地域を汚染し、ミニチェルノブイリの状況となってきた。常識的な対策は、「汚染された表土を集めて放射能が消えるまで待つという以外に方法はない」「内部被曝が起こらないように食用の作物は作らない」程度のものである。これを実行に移すことは、技術的にも、予算面でも、気が遠くなるような話である。EMによる放射能汚染対策については、ベラルーシでの結果を踏まえ、本連載の第39回と「第40回のEM技術による放射能被爆対策」で述べた通りである。これらの成果は、専門家から見れば、信じられない話であるが、放射能エネルギーに耐性を持つ微生物は、数種類も見つかっており、日本原子力研究開発機構のホームページでもラジオデュランスが紹介された事もある。本連載の、第25回EM技術の立脚点でも述べたように、EMは放射能のような有害な波動を触媒的に無害化するか、使えるエネルギーに転換する力を持っている。結論的なことを言えば、放射能がなくなるまで、EMをくり返し散布するだけである。しかも、ベラルーシの立ち入り制限地区でも10a当り50Lを年に5~6回も散布すればセシウム137の大半は1年で消失するのである。そんな馬鹿なと言われても、計ってみれば、簡単にわかることである。放射能汚染対策についても、多くの問い合わせが寄せられているが、事故当初に茨城県からの農家の質問に対する私の答は以下の通りです。

「福島第一原発から100km圏内にあり、もしも農業や畜産に被害が発生した場合、EMで放射能を取り除くことが可能か否か」答、「EM栽培をしている場合は、まったく問題ありません」その理由は、「チェルノブイリ原発事故の風下になったベラルーシの立ち入り禁止地区で栽培試験を行った結果、放射性元素のセシウムやストロンチウムを吸収していなかった、という事実によるものです。特にセシウムは、カリウム(カリ肥料)と同じように吸収されやすい元素ですが、植物体からは、全く検出されませんでした。畜産も、日常的にEMを使っておれば、特に問題が生じることはありません。この件は、ベラルーシの国立放射線生物学研究所のマウスの実験でも明らかとなっています」すでに「第39回」で述べたように、EMによる放射能の著しい減少効果は、ベラルーシやウクライナの国立の研究所で確認されている。また、光合成細菌は、エネルギーレベルの著しく高い放射線元素と特異的に結びつく力をもっていることも、明らかとなっている。このような背景を考えると、EMの中の光合成細菌が、放射性元素を先取りするため、作物には、吸収されないという解釈も成り立ち、また、光合成細菌が放射性元素のエネルギーを転換的に活用した結果、放射能が消えたとの推測も、あながち荒唐無稽の話ではない。

 放射性元素で汚染された土壌に、米ヌカ等の有機物(EMボカシが望ましい)とEMを散布し、必要であればEMセラミックスパウダーを併用した後、定期的に測定すれば、数週間では何らかの手がかりが得られるはずである。EM研究機構は技術ノウハウをすべて、ボランティアで提供する心算で準備を進めており、関係者の勇気ある決断を期待したい。
-------------------------------------

放射能に関してもEMはものすごい効果を発揮するようですね!
放射線を無害化したり、エネルギーに変換したりしてしまうのですか!(驚)
放射能に関しては、避難したり、被爆しないような対策ばかり講じられていますが、このような対策には不安を掻き立てられるばかりです。
放射能の一人勝ちか・・・!?と思ってしまいます。
しかし、EMはこの不安を一掃してくれました。
放射能もEMには弱かったのです。放射能も無害化されるようです!すごいですね!

これと

『チェルノブイリ原発事故の風下になったベラルーシの立ち入り禁止地区で栽培試験を行った結果、放射性元素のセシウムやストロンチウムを吸収していなかった、という事実によるものです。特にセシウムは、カリウム(カリ肥料)と同じように吸収されやすい元素ですが、植物体からは、全く検出されませんでした。畜産も、日常的にEMを使っておれば、特に問題が生じることはありません。この件は、ベラルーシの国立放射線生物学研究所のマウスの実験でも明らかとなっています』

という実験の結果から、EMを日常的に使っていれば、農産物や畜産物は安心みたいですね!
今、風評被害を被っている福島県近辺の農業、畜産業の方々は、ぜひEMを使っていただきたいです。
そして、その生産物には『EM栽培』とか『EM飼料使用』とか、とにかくEMを使っている事をアピールしていただきたい。
そうすれば消費者の立場として安心して購入できますよね。

自分も野菜作りをしているので、早速、EMを安価で大量に使おうと思って培養を始めました。^^

110417_064231_convert_20110418134616.jpg



スポンサーサイト
  1. 2011/04/18(月) 17:37:07|
  2. 雑記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。